医療に絶望した僕が、医者を辞めて世界に旅立つ話

健康で文化的な最高の生活を求めて、医者を辞めて無職になりました。ゆるーく世界一周したり、修行したりするブログです。

世界一周ウィーン編〜楽友協会で佐渡裕が指揮をしていた件

こんにちは!

 ポーランドの後はチェコに行ったり

f:id:yukijizo:20190107020003j:image

ミュンヘンオクトーバーフェストに参戦したりしてきたのですが


f:id:yukijizo:20190107020059j:image

特に伝えたいことも穴場もおすすめスポットも無いので割愛します!!

 

ミュンヘンからはバックパッカーの味方、フリックスバスでウィーンに行きました。

僕もずっとクラシック音楽をやっていたのでちょっと語りたいなと。

 

 

ウィーンフィルの思い出

僕の中でウィーンと言えば小澤征爾さんが指揮をした2002年のウィーンフィルニューイヤー・コンサートです。

ちょうどその頃小澤征爾さんの自伝「ボクの音楽武者修行」を読んでいてクラシック熱が高い時期でした。そしてあのウィーンフィルニューイヤー・コンサートの指揮を日本人がするなんて!ということで正月はずっとテレビを観ていましたね。

 

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)

 

 

その時のことは今でも鮮明に覚えていて、とんでもない綺麗な壁画のホールでこんなレベルの高い観客に向かって(手拍子の合わせ方がレベル高かった)演奏するなんて!と感動していました。

 特に「悪魔の踊り」は鳥肌立ったなあ〜。と思ったらyoutubeにあったw


ヘルメスベルガーⅡ世 悪魔の踊り 小澤征爾 ウィーン・フィル

小澤征爾&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2002 完全収録盤

小澤征爾&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2002 完全収録盤

 

 

そんなこんなでせっかくウィーンに来たのだからこのホールに行ってみなくちゃ!

 

ウィーン楽友協会

それで、例のニューイヤー・コンサートが行われるホールがウィーン楽友協会の黄金のホールという場所らしく、何の予約もせずに行ってみました。

 

ウィーン楽友協会 - Wikipedia

 

 

 

まさかの佐渡裕・・・

予約も無しに楽友協会に行ってみたらちょうど佐渡裕さん指揮でコンサートしてるじゃないですか。

あれ?佐渡裕って今ウィーンに居たっけ???

と思って調べてみたら2015年からウィーンの名門、トーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任していたようです!

佐渡裕さんといえば日本ではシエナ・ウインド・オーケストラという吹奏楽チームを率いていて僕も何度か演奏会に行ったことがあります。

 

僕は中学生の頃 佐渡裕さんの「僕はいかにして指揮者になったのか」を読んで、指揮者にめっちゃ憧れた時期がありました。この本の中に「世界の小澤が居たから僕が堂々と海外に行けた」みたいな内容があって「小澤征爾どんだけ凄いんだよ・・・」と途方に暮れた思い出があります。

僕はいかにして指揮者になったのか

僕はいかにして指揮者になったのか

 

 

ハイドン天地創造

飛び込みでチケットを買おうとしたところ、後ろの方なら20EUROくらいで入れるということで早速チケット購入。プログラムはハイドン天地創造・・・うわめっちゃ眠くなりそうな奴や・・・。

 

f:id:yukijizo:20190107020245j:image

 

案の定途中寝てしまいました。古典音楽は難しい・・・。

でも演奏も角ばったホールの音響も、歴史に思いを馳せながら聴くのはとても感慨深い経験でした。後ろの席だったおかげでホールの全体が見渡せて良かった。

f:id:yukijizo:20190107020317j:image

 

しかしまあ天井の絵も凄い。こんな豪華な音楽ホールは初めて!!

紅白で米津玄師が歌ってた大原美術館を彷彿とさせますねw

f:id:yukijizo:20190107020313j:image

 

一度でも毎年NHKで正月にやっているウィーンフィルニューイヤーコンサートを聴いたことがある方はウィーン楽友協会へ!!

今年からANAが羽田からウィーン直行便出すそうですよ!! 

www.ana.co.jp

 

ついでにザッハトルテでも食べてきてはどうでしょうか。

まあ日本で食べるザッハトルテの方が美味いと思いましたが。

f:id:yukijizo:20190107020241j:image

 

それではコツコツブログ書いて行きます。