医療に絶望した僕が、医者を辞めて世界に旅立つ話

健康で文化的な最高の生活を求めて、医者を辞めて無職になりました。ゆるーく世界一周したり、修行したりするブログです。

世界一周ポーランド編②クラクフ〜アウシュビッツ収容所考察、働けば自由になるか。

こんばんは!ユキジゾウです。

 

首都ワルシャワからクラクフまで新幹線的なもので来ました。

f:id:yukijizo:20181227194644j:image

一昔前は電車で5〜6時間かかったようなのですが、今は高速鉄道が開通し2時間程度で行けるようになりました。

 

クラクフの街に来た目的はアウシュビッツポーランド語でオシフィエンチム)収容所に行ってみることです。

一応アウシュヴィッツって何?っていう人向けにwikiリンクをここで張っておきます。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 - Wikipedia

というのも、世界一周していて割とビビるのが「アウシュビッツって何?ホロコーストって何?」っていう人も沢山いるということです。

 

 

ホロコーストと思い出

僕の母親はジェノサイドとかダークツーリズムに興味がある変な人で、実家の本棚には旧日本軍の731部隊(捕虜を使って人体実験をしていたらしい)の資料やヒトラー第三帝国系の書籍がけっこうありました。

 

ヒトラーと第三帝国 (地図で読む世界の歴史)

ヒトラーと第三帝国 (地図で読む世界の歴史)

 
ヒトラーと第三帝国

ヒトラーと第三帝国

 

 

僕も中学時代なぜかこれらの本を読み漁り、ホロコーストについて中学生にしては相当詳しくなっていてしまったのです。

そんなこんなで、過去の自分に見せてあげなければと訪れました。

 

シンドラーのリストの舞台、クラクフ

アウシュビッツ収容所までバスで1時間半くらいで行けるポーランド第二の都市、クラクフ。僕はシンドラーのリストという映画の舞台となった街、という情報しか無かったのですが、行ってみると本当に素敵な街で実は今回の世界一周中でも随一の居心地の良い街でした。

f:id:yukijizo:20181228142803j:image

第二次世界大戦中にドイツ軍が進駐していた場所でもあり、古き良き町並みが綺麗に残っている。

 

 

 

食事も美味いし、人も優しくて、個人的にポーランドはとても良い印象が残りました。

 

f:id:yukijizo:20181228142850j:image

 

クラクフからアウシュビッツ収容所まで

収容所まではクラクフの駅ターミナルからバスが何本も出ています。

当日バスに乗る時にお金を渡せば乗れるのですが、心配な人は事前にチケット購入しておくと良いと思います。

 

クラクフの街は駅を中心として見どころが一箇所に集中しており、コンパクトシティなので、旅人にも嬉しいシステムです。

 

アウシュビッツ見学にあたり下準備

やはり世界文化遺産に登録されている施設ですから、ある程度下準備として知識がある方が楽しめます。

僕のおすすめの本はこれ。「夜と霧」。

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

アウシュビッツに収容されていた精神科医が、過酷な収容所で過ごすと人の精神はどのような反応を示すのかを、主観的であると同時に客観的に綴った大変興味深い本です。

リアリティ抜群で一気読み出来てしまうので、ぜひ行く前に読んでいくのをおすすめします。僕もKindleで購入して読みました!

 

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

以下せっかくなので写真を貼っていきます。

 

有名なアウシュビッツ収容所の入り口。

ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になれる)の門です。

 


f:id:yukijizo:20181227194639j:image

 

有刺鉄線が張り巡らされています。
f:id:yukijizo:20181227194629j:image

 

有名なガス室で使われたと言われているCyclonBの空き缶
殺虫剤みたいです。殺虫剤で本当に人殺しするんですかね??効率悪いような。

ガス室は無かった説が浮上するのもわかります。

f:id:yukijizo:20181228143907j:image

 

アウシュビッツに収容できなくなったので新たに作られたビルケナウ収容所。

アウシュビッツから無料シャトルバスで30分くらい。

 f:id:yukijizo:20181227194648j:image

 

収容所を見学しての感想

収容所を見学するにあたって、いろんなブログやインスタやらを見たんですが、驚くことに「怖い」とか「許せない」みたいな感想ばかりで驚きました。

怖いというか、現実に数十年前に起きていた(と言われている)事実で、それを行っていたのは我々人類で、その更に昔はもっと残虐な行為が(きっと)大量に行われていたわけですよ。

 

それどころか、そのようなホロコーストは無かった、という論説もあります。

ホロコースト否認 - Wikipedia

 

僕はこのような過去の出来事を一方的に非難したり、ヒトラーやナチをタブー視する西洋の風潮には少し疑問を感じています。もちろんいろんな文化的背景があるから仕方ないんですけど。

現実を現実としてただ受け止める。そういう考え方が意外に欠けているなと思うことが多いんですよね。

人間なので主観が入り込むことは避けられませんが、その主観も主観として客観的に理解する。

 

・民族差別的な虐殺行為があったらしい。

・歴史は歪められる可能性があるので、どこまでが本当かは結局分からない。

・今後このようなことが起きないとは限らないし、今も世界のどこかで起きている可能性がある。

 

これくらいの距離感で捉えるのが僕は好きです。

ユダヤや中東問題については、イスラエル編でおすすめの本を紹介しようかなと思います!

 

 働けば自由になれる→自由になれない。

という皮肉が込められた有名なフレーズですが、この絵を見て働いても働いても給料上がらず仕事を増やされて、サボってもクビにならない日本型雇用を思い出しました。

f:id:yukijizo:20181227194655j:image