医療に絶望した僕が、医者を辞めて世界に旅立つ話

健康で文化的な最高の生活を求めて、医者を辞めて無職になりました。ゆるーく世界一周したり、修行したりするブログです。

世界一周ポーランド編①ショパンのふるさとワルシャワへ

こんにちは。ユキジゾウです。

だいぶご無沙汰でしたが、世界一周前半戦を終えて日本へ帰ってきました。

年明けから中南米編となります。

 

ブログの筆が進まない理由の1つに「とりあえず行ったけど、そこまで思い入れの無い場所」まで書こうと思うとモチベーションが上がらないんですよね。それから僕以外にもみんなが行っているお決まりの場所もわざわざ語ることが無いというか。

ですのでそういう部分はすっ飛ばして、語りたいところだけ語ろうかなと思います。

 

 

スペインからポーランド

世界一周航空券ではマドリッドからハンガリーブダペストへ行ったのですが、着いていきなり夜行列車でワルシャワへ向かうことになりました。

 

世界一周航空券の性質上「ある街をハブ空港のように使い周辺地域を回る」という戦略が多くなってしまいます。つまりポーランドinから陸路移動してハンガリーoutにしても、航空券は1区間消費されてしまうのです。

 

ブダペストin & outを考えていたのですが、出国前にギリギリの移動はしたくないので、入国してすぐに移動するという作戦が基本戦略となります!

 

ショパンとの思い出が深い少年時代

おそらく子供のころショパンにどっぷり漬かったことがある、という人は多いと思います。僕もそうです。

ピアノを習っていれば必ずどこかで出会ってしまうショパンエチュード

 


フジ子・ヘミング~エチュード 「木枯らし」

 

ちなみにフジコ・ヘミングさんのCDめっちゃ買い漁っていました。

 

ショパンの作品群以外にも名曲は多数ありますが、その繊細で耳に心地よいのになんだか妙に悲しくなるショパンの作品にハマり、中学生時代はショパンエチュードばかり練習していました。

 

そういう自分の少年期の思い出深い、ショパンのふるさとワルシャワは世界一周旅行で避けては通れない場所でもありました。

以下の記事にも書きましたが、基本的には「過去の自分の積もり積もった思い出を回収していく」のが旅のコンセプトになります。

 

www.yukijizo.com

 

まずはショパンの像へ

ワルシャワにはショパン銅像がある公園があります。

ワジェンキ公園といいます。

f:id:yukijizo:20181224213509j:image

goo.gl

 

この公園、僕はどうしても見ておきたいものでした。

というのもこのショパン像、実は日本にもあるんです・・・。

 

goo.gl

 

僕の地元、静岡県浜松市にあるショパンの丘。ここに姉妹都市であるワルシャワから寄贈されたショパン像があるのです。

 

はい、浜松市民ならほとんど全員知っていると思います。

アクトシティ浜松空中庭園(?)のようなところにあり、たまにショパン縛りのピアノコンサートなんかがあったりします。 

 

 

ですからワルシャワのワジェンキ公園に居ながら、夏の暑い日に届かない指を限界まで開いて練習した小学生の頃の自分を思い出してなんだか感傷的になります。

 

フレデリック・ショパン博物館でショパンの使ったピアノを見よう

せっかくなのでショパンの博物館にも行きました!

 

f:id:yukijizo:20181224213552j:image

受付のお姉さんがまさかの日本語勉強していて日本語で案内してくれました(笑)

ワルシャワ大学には日本語学科もあって、なかなか親日派なお国柄のようですね。

 

ショパンの使ったピアノ!!

f:id:yukijizo:20181224213645j:image

 

内部では音響設備のしっかりした小ホールで国際ショパンピアノコンテスト的なものの上映会がずっとやっていたり、直筆の譜面だったり、ショパン好きには3〜4時間過ごせる博物館でしたね!!

f:id:yukijizo:20181224213754j:image

 

 

手軽にコンサートを楽しめるショパン・ポイント

繁華街のど真ん中にショパン・ポイントというショパンのピアノコンサートをどうやら毎晩やっている小さなコンサート会場があります。

内部は30人くらいしか入らない小さな会場ですが、ショパン熱が高まってしまった僕は飛び入りで聞いてきました。

たしか日本円で2000¥くらいだったかな?1ドリンクついてきました。

 

f:id:yukijizo:20181224213857j:image

 

 

子供の頃ショパンと格闘した思いである方は、ぜひ一度ワルシャワへ!