医療に絶望した僕が、医者を辞めて世界に旅立つ話

健康で文化的な最高の生活を求めて、医者を辞めて無職になりました。ゆるーく世界一周したり、修行したりするブログです。

過去の自分に胸を張って生きる、という考え方

こんばんわ、ユキジゾウです。

連日熱中症で死者が多発していますね。

 

「なんだか調子悪いな・・・」という時って、実は自分では気づかない程度の脱水状態なことが案外多いそうです。

僕も自分の口渇感に自信がないので、水は多めに取るようにしています。

なんだか怠い日は、OS-1をとりあえず500mlほどぐいっと飲むようにしています。

 

 

 

OS-1経口補水液です。飲む点滴、なんて言われたりします。

飲んだ水は、ほとんどは腸から吸収されて血中に入ります。

その時の吸収効率などを考えて作られた飲み物ですね。電解質のバランスも血中に入った時にバランスが良くなるように賢い人が考えたみたいですよ。

 

コレめちゃくちゃ良いので僕はいつも箱買いしています。

手術のあとの怠い時やお酒飲んだ後はこれ飲むようにしています。

 

みなさんも原因不明の体調不良のときは、もしかしたら軽い脱水状態なのかもしれませんよ。試すだけなら安いもんなので、ぜひやってみてください。

 

 

過去の自分に縛られていること

 


本田圭介語録 名言リトル本田 流行語大賞 ACミラン移籍

 

この会見を見た時に僕と同じじゃねーか!と思いました。

僕もよく自分の中に子供の頃の自分が居て、そいつが「今の僕を見たらどう思うだろう?あの頃の自分に胸を張って今の自分を紹介出来るかな?」

といった考え方をします。

ある意味過去の自分に縛られているのかもしれません。

 

リトルユキジゾウが世界一周に行けと言う

 

実は世界一周しようと思った理由の一つは、中学時代の僕の夢が世界一周することだったからです。

今は世界一周なんてしようと思えばすぐに出来ることだし、グルっと世界を回ることで自分の人生が変わるわけでもない。なにか崇高な目的があるわけでもない。

ただ、子供の頃の自分はそういうことをかっこいいと考えていて、今の僕はそれが出来ていない。やるだけなら簡単なのに、それが楽しいかどうかすら、胸を張ってリトル自分に話すことが出来ない。

そういうことがなんとなく嫌だな、と考えてしまいます。

 

過去の自分に胸を張って生きてみる

なんだかんだ僕は自己肯定感が高めなので、今の人生に満足しています。

それでも自分の人生はいつだって過去の自分が見張っているから、悪いことやダサいことは出来ないなって思います。

これは例えば自分に子供が居る人と同じ発想だと思います。子供に恥ずかしい親の姿は見せられない、みたいな。

もしかしたら「神様」とか「お天道さま」が見ている、のも同じような起源なのかもしれません。

ただ過去に執着して、今や未来を生きられないのは本末転倒。

いつも「今から出来ることは何か」を考えたいですね。

 

変えられないものは他人と過去。

変えられるものは自分と未来。

 

変えられないもののことで悩むより、変えられる部分を考えたいですね。