医療に絶望した僕が、医者を辞めて世界に旅立つ話

健康で文化的な最高の生活を求めて、医者を辞めて無職になりました。ゆるーく世界一周したり、修行したりするブログです。

仕事もしないでブラブラしている医師について

こんにちは、ユキジゾウです。

すっかり蒸し暑くなってきましたね。

僕は先日高校時代の友人の結婚式に参列してきまして、「今は仕事をしないでブラブラしている」と言ったら、みんなから面白いねと言われ、別段不穏な空気感にはなりませんでした。

やはり僕が子供の頃から不真面目でちょっと変わった子供だったので、みんな僕が何をしていてもいちいちコメントしないんだと思います。

 

無職専門医という闇

面白いもので仕事をしないでブラブラしていると、僕の周りにも仕事をしないでブラブラしている医者友達がけっこう居ることに気づきます。

そういう友達がいるから僕もそういう生き方に飛び込んでいった、というのが正確かもしれません。

僕には「無職専門医」というなんともふざけたLINEグループがあって、5人くらいしか居ないのですが、日々しょーもない話をしています。

 

何してるのかサッパリ分からない人も居ますし、ひたすら引きこもって筋トレしているだけの人も居ます。めちゃくちゃ癖が強くて、ぶっちゃけ社会不適合なんですが、いずれにせよ面白い奴らばかり。

 

ところで医師になってからの最新の就業率を見つけました。

若い医師でも10%くらいは就業してないですね。

もちろんこの中には産休・育休もあるし、病気で休業中の人もいるし、金融機関やコンサルなんかで一般就職している人もいます。

僕の知り合いにもマッキンゼー・アンド・カンパニーやらgoogleやらに就職している人居ますね。

f:id:yukijizo:20180601165106p:plain

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000203368.pdf

常識とは自分の周りのコミュニティに充満する偏見の塊

僕は周りにこんな連中が多かったので、気軽に仕事を辞めたのですが、やっぱり驚く人は驚きます。

僕自身もこれまで出会った人、友人のめぐり合わせで自分の価値観が形成されているなと感じることが多いです。

今みたいなコミュニティにずっと居ても視野が狭くなって危ないと思っていますが、過労死したり不眠不休で働く医師の皆さんには逆に僕らのコミュニティをチラ見してほしいと思っています。(ドン引きor叱責されそうですが...)

 

ぶっちゃけ生活費はどうしているのか

このブログではお金の話なんかも赤裸々にしていきたいと思います。

正直社会的役割を考えず、「教授になりたい」などと思わなければ、ぶらぶら生きていけます。贅沢しなければ。

 

例えば田舎のそんなに忙しくない病院で勤務医をしていれば、3年働けば、3年ぶらぶらするくらいにはお金が貯まります。そして再就職も、職場を選ばなければどこでも見つかります。

 

 

じゃあ死ぬまで働き続けるの?

現時点では、医師に定年はありません。

もちろん医師の仕事はとてもやりがいがあって楽しいのですけど、人生それだけではないでしょう。

仕事が趣味ならいいのでしょうが、「仕事だけではない」人は、長期休暇を取ってもいいのではないでしょうか?

 

現状の仕組みが良いとは思わない

医師免許利権は非常に強く、たかだか受験ちょっとパスしたくらいで、ここまでの厚遇はさすがに問題だと思ってます。

そもそも医療業界のめちゃくちゃさに嫌気がさして今休暇を取っているので、そういうおかしさも含めて、僕はどうやって生きていくのかをこれから世界をフラフラ旅しながら考えて行きたいと思います。

今後はブラブラしている友達と対談して文字起こしなんか出来たら楽しいかな、なんて思っています。