医療に絶望した僕が、医者を辞めて世界に旅立つ話

健康で文化的な最高の生活を求めて、医者を辞めて無職になりました。ゆるーく世界一周したり、修行したりするブログです。

世界一周スペイン編①〜イビサ島で泡パーティー

 

お久しぶりです。

荷造りもろくに出来ないまま世界一周旅行に旅立ちました。

今はマドリッドの宿に着いてマッタリ記事を書こうかなと思っています。

 

成田から飛行機で14時間かけてマドリッドへ。それから更に1時間飛んでスペインはイビサ島にやってまいりました。

スペインはこれで2回目になりますが、前回は3年ほど前にバルセロナに行っただけなので、今回はバルセロナ以外を回ります。

 

 

なんでイビサ島に来たのか

僕はけっこう旅番組が好きで、「アナザースカイ」という番組をよく見るんですけど、それで複数回登場して「あー行ってみないなあ・・・」と思ったのが始まりです。

another sky-アナザースカイ-

確か高城剛さんと篠田麻里子さんがオススメしていたような・・・?

 

僕の旅人仲間も居心地良いと口をそろえて言うので、夏が終わる前に行ってみようということになったのです!!

 

空港から市内への行き方

イビサ島ではレンタカーが便利、とか書いてある本が多いですけど、それじゃ昼からビール飲んで遊べないじゃん!!

ということでバスの移動が便利ですね。

 

僕はいつもGoogle Mapで経路検索して移動しているのでそれだけで十分です。

イビサ島マヨルカ島と違って島も小さくバス移動も便利です。

空港も小さく出てすぐのところにバス乗り場があるのでそこでバスに乗りましょう。

夜中に着くので心配でしたが、イビサ島の夏は心配要りませんでした。

夜中もずっとバスが走ってるし、夜中も街中朝まで人が居ます(笑)

僕はイビサタウンに宿を取っていたので、L10のバスに乗って中心市街地に行きました。

サンアントニに行きたければL9に乗りましょう。

 

急遽アムネシアの泡パーティーに行くことに

イビサ島は夏の間クラバーの聖地になります。

聞くところによるとイギリスでクラブが規制されたときに、クラバーがロンドンから2時間で来れる海が綺麗なイビサに押し寄せてクラブ作りまくったとかなんとか・・・。

確かに飛行機も無駄にヒースローとかから押し寄せていました。だから英語がけっこう通じて住みやすいんですな!

 

宿に着いたのが深夜0時。よし寝るかと思って友達とLINEしていたら、どうやら今日は泡パーティー発祥の地、イビサ島のクラブ・アムネシアの泡パーティー最終日だそうな!

しかも泡が出るのは朝5時くらい。バスは一晩中走っている・・・。

ううむ、眠いがなんか有名らしいし行ってみよう。

https://www.amnesia.es/

 

アムネシアの行き方

港からバスが30分に1本出てるみたいなので、それに乗って行きました。

イビサタウンとサンアントニを結ぶ幹線道路沿いのへんぴな場所にドドン!と建っています。ただ注意するのはイビサのバスは降車場所を教えてくれる電光掲示板も無いので、自分でGoogle Mapを見ながら降りたいところでブザーを鳴らすしか無いです。

心配なら運転手さんに乗るときに降りる場所を伝えておきましょう。

ちなみにアムネシアは運転手さんも分かっているので大声で「Amnesia!」と叫んで教えてくれました。

 

Espuma party

f:id:yukijizo:20180918163702j:plain

 

 着いてみたらすでに異様な雰囲気。というか日本でも普段クラブとかには行かない僕は完全に空気に飲まれてしまっています。

 

とりあえず現地でチケットを買って中に入ると内部は2つの部屋に別れていて、めちゃくちゃ盛り上がってる部屋と泡パーティーの部屋に別れていました。

 

amnesiaでは泡パーティーのことを単にespumaというイベント名で呼んでいます。

espumaの部屋はまだまだ泡が出ないので、人も少なく音楽もマッタリ目。

僕も眠い目をこすって18ユーロのモヒートを飲みながら音楽聴いてみたり。

 

5時が近づくに連れて人が増えてきて・・・

 

カウントダウンからのこれでした。

 

https://www.instagram.com/p/BnsgEKKHNiD/

The last day of espuma#espumaparty #amnesia #ibizaclub #ibiza #roundtheworld #イビサ島 #スペイン#アムネシア #泡パーティー#世界一周中

 

まとめ

みんな水着とか裸で来てますね。

僕は軽く持っていったタオルで体を拭いてバスに乗りました。

amnesiaには売店があってタオルやシャツも売っているんでそれで拭いてもいいでしょう。

うん、1回でいいかなって感じでしたけど、イビサに来たら1度はやってみたいと思っていたので、満足!とりあえず長距離フライトからのこれは体力的に限界でした(笑)

 

インスタグラムやツイッターのほうが現在の状況わかります!

これからレアルマドリードチャンピオンズリーグの試合を見てきます!

 

それでは!

世界一周のルートの作り方

どうも、ユキジゾウです。

明日世界一周出発だと言うのに荷造りもホテルもなーんにも準備していません。

そんなもんでいいでしょう。

 

 

さて世界一周のルートの僕なりの決め方を書いてみようかなと思います。

これは僕が2ヶ月×2の計4ヶ月くらいで旅行するという前提でのルートの組み方であり、1年かけて旅行するような人向けではありません。

 

 

 

①まず行きたいところを3段階くらいに分けて書いてみる

 

僕の場合は

A:絶対に行きたい

B:できれば行きたい

C:通り道にあるなら寄りたい

 

この3つに分けてみました

 

僕の場合はこんな具合です

A:絶対に行きたい

・モロッコ(昔見たニコ動のシリーズでとっても良さそうだった)

イスラエル(宗教や歴史の勉強好き)

・スペイン(イビザ島)

・ウユニ(まあ1度は行ってみたい)

キューバ社会主義国的な雰囲気を味わいたい)

 

B:できれば行きたい

・ドイツ(友人に会う)

・サンフランシスコ(友人に会う)

アイスランドブルーラグーン見たい)

・ジャマイカ(レゲエの流れるクラブに行ってみたい)

タンザニアキリマンジャロ登山してみたい)

 

C:通り道にあるなら寄りたい

リオのカーニバル

クロアチアドブロブニク行ってみたいよね)

・オーロラ見る(イエローナイフとか?)

・ペルー(マチュピチュとか一度くらい見てみますか・・・)

 

②絶対に行きたいところだけで世界一周のルートを考える 

 

僕の場合は9月出発なので、ベストシーズンを追うことを考えると

スペイン→イスラエル→モロッコキューバボリビア

となりました。

 

③このルートに行けそうなところを肉付けしていく

 

アフリカも行ってみたいということで、キリマンジャロ登山をしようと思ったら、やはり乾季に登らないと天候的に登頂率が下がるな・・・ということで、ベストシーズが9月なので出来るだけ早めに登ることを考えました。

それから中南米のベストシーズが1月〜4月くらいなので、中南米は一時帰国後の後半戦にとっておこうかなと計画。

 

【世界一周プラン】

1都市に3日は居てゆっくりしたい。それから世界一周航空券は出来るだけ長距離移動で使いたいので、そういうのを込みで考えたのが以下のルートです。

 

9/12日本→マドリッド(世界一周航空券:以下「世界」)

マドリッド→イビザ島(自前)

イビザ島→マヨルカ島(自前)

マヨルカ島マドリッド(自前)

 

9/20 マドリッドブダペスト(世界)

この間中欧諸国をフラフラする(詳細未定)

 

10/2ブダペスト→ドーハ(世界)

ドーハ→ナイロビ(自前)

この間サファリしたりキリマンジャロ登ったりする。詳細未定。

 

10/14ナイロビ→ドーハ(自前)

ドーハ→アンマン(世界)

 

アンマンでは世界一周中の医者友達と合流します。そこでイスラエルとかをフラフラ歴史散策。詳細未定。

 

10/22アンマン→ロンドン(世界)

ロンドン→マラケシュ(自前)

また一人に戻ってモロッコ周遊する予定です。

 

11/5モロッコ→ロンドン(自前)

ロンドン→ニューヨーク(世界)

ロンドンもふらっと見てみようかな。このあたりの日付はけっこうアバウトです。詳細未定。

 

11/10ニューヨーク→東京(自前)

一時帰国します。詳細未定。

 

日本で税金の処理や様々な雑務、年末年始をゆったり過ごします。

 

1/10 東京→ニューヨーク(自前)

1/16 ニューヨーク→マイアミ(世界)

マイアミから中米諸国を周る予定です。詳細未定。

 

1/26 マイアミ→リマ(世界)

リマから自前でマチュピチュ行ったりウユニ行ったりする予定。詳細未定。

 

2/11 リマ→イースター島(世界)

航空券が高いと有名なイースター島を定額の世界一周航空券で行くというテクニック。ただし問題は僕があんまりモアイ像とか興味ないってことかな。でも行った人はみんな「モアイ像よりそもそも島が良かった!」と口を揃えることで有名なので、行くべ!!

 

2/15 イースター島サンチアゴ(世界)

イースターから近いのでとりあえず寄ってみる。

 

2/17サンチアゴブエノスアイレス(世界)

せっかくだからアルゼンチンにも寄ってみる。

 

2/22ブエノスアイレス→ロサンゼルス(世界)

直行便があるのでこれで北米に帰ります。特に用事はない。

 

2/25 ロサンゼルス→サンフランシスコ(世界)

面白そうなので寄ってみる

 

3/1 サンフランシスコ→東京(世界)帰国

 

旅のルートで工夫したこと

自腹で帰国する北米ー東京間は出来るだけ近いほうが良かったのですが、ワンワールドの世界一周航空券だと北米は東西にブロック分けされていて、西海岸に寄ってしまうとマイアミや中米に戻れなくなるみたいなんですよね。中米のハブはやはりマイアミが強いんで、自前の途中帰国はニューヨーク発着になりました。

アフリカは周遊する予定ではなかったので、自前でドーハから準備しました。ドーハ〜ナイロビ間はカタール航空がたくさん飛んでいて比較的安価なため自前で準備することにしました。

同じくモロッコもかなりお安い便が西ヨーロッパからたくさん飛んでいるので自前です。逆に南米はちょっと独占路線とかで値上がりしやすいみたいなんで、世界一周航空券多めにしています。

 

さて・・・明日出発なのにまだバックパックも買っていません(笑)

自前の航空券も買ってません!でも良いのです、僕は旅行前はいつもこんな感じなので。

足りなければ向こうで買えばいい。バッグなんでいつもの通勤リュックで良い。

靴もいつものAllbirdsので良い。

 

 

パスポートは忘れずに持っていこう。

 

ではまた!

世界一周航空券の種類と魅力

こんにちは。まだまだ残暑が続きますね。

僕は先日世界一周航空券を有楽町のJALプラザに買いに行きました。

 

世界一周航空券というのはその名の通り世界一周出来るチケットです。

あらかじめ世界一周して帰ってくる分の飛行機の予約をすべて取り発券することでかなりお安く航空券が変えるのです。(もちろん発券してからもルート変更や時間変更出来ます!ただし手数料取られます!)

今日は世界一周航空券について詳細を省いて出来るだけ分かりやすく書きたいと思います。

 

 

世界一周航空券の魅力

まずは値段です。

世界一周航空券を使えば

エコノミークラス:40万円

ビジネスクラス:80万円くらいで旅行出来ます。

ビジネスクラスでこの料金は本当に安いです。

 

エコノミークラスで行くくらいならLCCの方が安く行ける・・・のは間違いないです。

ただLCCではないフルサービスのキャリア(JALANAなど)を使えるので、そういうのを利用してマイルを貯めるならこっちのほうがお得で楽と言えるでしょう。

また航空券の高い地域(イースター島など)に行く場合やハイシーズンに行く場合も料金が変わらない世界一周航空券の魅力と言えます。

僕はベストシーズンを追って旅行する予定なので世界一周航空券を選びました。

 

世界一周航空券の種類

おおまかに2種類の世界一周航空券があります。

スターアライアンスANAなど)

ワンワールドJALなど)

の2つのアライアンスが発券しています。

 

ちなみにそれぞれのアライアンスが得意としている地域があります。

スターアライアンスはアフリカ、ワンワールドは南米、と言われています。

ただ実際はどちらもなんとか旅は出来るくらいは飛んでいるので地域の違いは考えなくてもいいのかなと思います。

 

それぞれルールが違うのですが、ぶっちゃけると僕はワンワールドがおすすめです。

世界一周航空券利用者の6割がワンワールドを使っていると言われています。

僕もワンワールドです。

 

ワンワールド世界一周航空券の魅力

まず安いです。

というのもスターアライアンスは距離で料金が変わりますが、ワンワールドは移動大陸数で料金が変わるので距離はあまり関係ありません。

僕のようにベストシーズンを追いかけた結果世界中を行ったり来たりする旅程を組んでしまった者にとっては距離に関係ないワンワールドの料金設定は魅力です。

oneworld - 世界一周航空券 - 世界一周旅行

世界一周航空券を使うべき人

・短期間(3ヶ月以下)で世界一周する予定の人

・ルートが決まっている人

・飛行機移動距離が長い人

ビジネスクラスでお得に旅行したい人

なんかにはおすすめです!

 

世界一周航空券を使うべきではない人

・長期旅行の人(半年以上)

・ルートを全然決めずに行きたい人

・徹底的に安く済ませたい人

・バスや電車など陸路の移動が大好きな人

ですね!

 

世界一周航空券でマイルを貯めて上級会員になれるか?

ここに関してはめちゃくちゃ研究しました。

結論はビジネスクラスで行くなら簡単。エコノミークラスで行くとしても日本国内での少しの修行をすれば達成可能、といった感じです。

ポイントは日本発着の便をANAJALにするということですね。

例えばワンワールドなら東京→ロンドン、ヘルシンキといったJAL便の長距離線を使うように頑張る、と。

ただ上級会員のポイント締め日が12月31日で切り替わるので、僕は年を跨いで半々で旅行するため世界一周航空券で解脱するのは難しそうです・・・(T_T)

 

僕の世界一周航空券の使い方

僕は比較的短期2ヶ月×2ヶ月くらいで行きますので、あらかじめおおまかなルートを決めていました。またベストシーズンを追って行ったり来たりするので長距離移動は飛行機を使いたいのです。

大雑把にハブ空港を辿るルートを組んで、その空港からLCCや電車でいろいろな都市を周遊する予定になっています!

 

もし気軽に1ヶ月くらいで世界一周する予定なら、迷わず世界一周航空券かなと思います。逆に半年以上の旅でこれを使うのはあまり便利ではないですね。

それでは今後もまだまだ準備編書いていこうと思います!では!

 

新・世界一周NAVI 改訂版

新・世界一周NAVI 改訂版

 

 ↑

この本読んで勉強しました(笑)

 

軽い気持ちで世界一周するために

お久しぶりです。ユキジゾウです。

8月はいろいろな試験を受けたり、ドタバタと予定が詰まっていました。

 

やっと時間が取れたので、世界一周に向けて準備をはじめました。

ここで世界一周について僕の立場をもう一度はっきりさせておきます。

 

 

 

①大層な理想を掲げず、ちょっとフラッと回ってみる。 

いろいろな国や地域を旅行することは、とても刺激的で、勉強になると思います。僕もそういった異文化へのふれあいが大好きです。

でもだからといって立派な目標は特に無いんですよね。

いろいろ考えればそれっぽい理由は出てくるのでしょうけど、どうも嘘っぽく感じてしまうんです。そもそも目標や理由をゴチャゴチャ付けると、旅そのものが重くなって、ストレスに感じてしまいそうなんですよね。

趣味の旅行では出来るだけ気軽に、高尾山に登るように旅がしたいと考えています。

 

 ②世界一周は1週間あればできる。太平洋と大西洋を横断したらいい。

世界一周って響きはすごくいいんですけど、実は飛行機で一周するだけなら4,5日あれば出来てしまうんですよね。

「世界中の国や地域をくまなく見て回る」だとめちゃくちゃハードル高いですけど、僕の場合は「行ってみたいところだけ行く」というスタンスを維持しようと思います。

 

 

 ③苦行をするような旅はしない。楽しいからやる。

これは本当に自分の黒歴史なんですけど、僕も恥の多い人生を歩んできました。

僕は大学生の頃、沢木耕太郎さんの深夜特急に憧れて、インド放浪や東南アジア放浪、ヒッチハイクで日本国内を旅する、というようなことをしていました。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

 

当時の僕はまだまだ未熟で「1泊150円の宿に泊まった!」とか「半額まで値切った」とかそういうことを武勇伝のように語っていました。

現代日本のように交通網が発達したところでヒッチハイクしてみても、なんだか遊びの延長で、しんどいだけで何かが得られたわけでもなかったなあと。

 

通過儀礼のように苦行はしない。

楽しいことだけ、ストレスなくやる。

 

だから今回の旅程も2ヶ月×2でやる予定です。一時帰国を挟んで2回に分割。

僕の経験上2ヶ月以上海外を放浪していると、疲れるんですよね。

世界遺産慣れしてきて感動が薄れてくる。移動が疲れてくる。日本の食事が恋しくなる。

そんな気持ちで無理して周る必要は無いかなと。一番楽しい時で止めておくのが楽しみが続く秘訣なのかな、なんて思っています。

 

アジアは学生時代にいろいろ回ったのでパス。オーストラリアも去年行ったのでパス。北米やヨーロッパは今後も頻繁に行く予定があるので少なめ。

中東・アフリカ・南米メインの旅にしていく予定です。

 

 

④考えが似通った人の参考になれば良いと思い発信する。 

 僕が旅行をするときは、いろんな方のブログを参考にさせてもらっています。

どの方もそれぞれの旅程やスタイルがあり、とても勉強になりました。

僕も自分の経験を記して、誰かの参考になればと思い、ブログを書こうと思います。

 

以上の立ち位置で準備や旅日記を書いていきますね!

ではでは。

過去の自分に胸を張って生きる、という考え方

こんばんわ、ユキジゾウです。

連日熱中症で死者が多発していますね。

 

「なんだか調子悪いな・・・」という時って、実は自分では気づかない程度の脱水状態なことが案外多いそうです。

僕も自分の口渇感に自信がないので、水は多めに取るようにしています。

なんだか怠い日は、OS-1をとりあえず500mlほどぐいっと飲むようにしています。

 

 

 

OS-1経口補水液です。飲む点滴、なんて言われたりします。

飲んだ水は、ほとんどは腸から吸収されて血中に入ります。

その時の吸収効率などを考えて作られた飲み物ですね。電解質のバランスも血中に入った時にバランスが良くなるように賢い人が考えたみたいですよ。

 

コレめちゃくちゃ良いので僕はいつも箱買いしています。

手術のあとの怠い時やお酒飲んだ後はこれ飲むようにしています。

 

みなさんも原因不明の体調不良のときは、もしかしたら軽い脱水状態なのかもしれませんよ。試すだけなら安いもんなので、ぜひやってみてください。

 

 

過去の自分に縛られていること

 


本田圭介語録 名言リトル本田 流行語大賞 ACミラン移籍

 

この会見を見た時に僕と同じじゃねーか!と思いました。

僕もよく自分の中に子供の頃の自分が居て、そいつが「今の僕を見たらどう思うだろう?あの頃の自分に胸を張って今の自分を紹介出来るかな?」

といった考え方をします。

ある意味過去の自分に縛られているのかもしれません。

 

リトルユキジゾウが世界一周に行けと言う

 

実は世界一周しようと思った理由の一つは、中学時代の僕の夢が世界一周することだったからです。

今は世界一周なんてしようと思えばすぐに出来ることだし、グルっと世界を回ることで自分の人生が変わるわけでもない。なにか崇高な目的があるわけでもない。

ただ、子供の頃の自分はそういうことをかっこいいと考えていて、今の僕はそれが出来ていない。やるだけなら簡単なのに、それが楽しいかどうかすら、胸を張ってリトル自分に話すことが出来ない。

そういうことがなんとなく嫌だな、と考えてしまいます。

 

過去の自分に胸を張って生きてみる

なんだかんだ僕は自己肯定感が高めなので、今の人生に満足しています。

それでも自分の人生はいつだって過去の自分が見張っているから、悪いことやダサいことは出来ないなって思います。

これは例えば自分に子供が居る人と同じ発想だと思います。子供に恥ずかしい親の姿は見せられない、みたいな。

もしかしたら「神様」とか「お天道さま」が見ている、のも同じような起源なのかもしれません。

ただ過去に執着して、今や未来を生きられないのは本末転倒。

いつも「今から出来ることは何か」を考えたいですね。

 

変えられないものは他人と過去。

変えられるものは自分と未来。

 

変えられないもののことで悩むより、変えられる部分を考えたいですね。

【書評】医療経済の嘘

みなさんこんにちは、ユキジゾウです。

本格的な夏になりました。

近所では夏祭りの気配が漂ってきております。

花火大会なんてしばらく行っていないので、繰り出したいなと思います。

 

医療経済の嘘、読んでみた 

 

医師の森田洋之さんが書かれた「医療経済の嘘」という本を読みました。

2018年6月発売の新作です。 

(152)医療経済の嘘 (ポプラ新書)

(152)医療経済の嘘 (ポプラ新書)

 

 

内容としては、医療経済学界隈では目新しくないというか、「まあそうだよね」っていう内容なんですけど、森田さんの経験や夕張市の方々との対話が面白く、3時間位で一気に読んでしまいました。

しかし一般の方々はまだ知らないことも多いと思うし、国民の皆様の医療リテラシーを上げることが、この国の保健医療を守る鍵になっているような気もするので、ポイントをまとめて少し紹介したいと思います。

 

医療費が増えても健康にはならない 

 

これがこの本の最大のテーマだと思います。

年々国民医療費が上がっており、今や40兆円規模です。

国の税収は50兆円くらいですから、まあすごい額ですよね。

そしてこの本を通して言いたかったことというのが、

「医者や病院が多い県ほど医療費が増える」

「医療費が増えても健康の度合いや寿命は変わらない」

ということだと思います。

 

都道府県によって人口あたりの病院のベッドの数は違います。

しかし病床が多い県ほど一人あたりの医療費が高く、2倍以上の差があるというのです。

住んでいる都道府県によって2倍以上も病気になりやすい、ということは無く、結局病院のベッドが余っているから患者をどんどん入院させようとしているという現実があるのです。

 

僕もいわゆる金儲けを頑張っている病院で働いていたことがあるので、よく分かります。毎朝ミーティングで「今日はベッドが20床空いているのでどんどん入院を促してください」といったようなお達しが出ておりました。

そして入院する必要のない人を入院させていく・・・。

 

それでも入院したい人は多い

 

これは僕のような生来健康な若者や、やりたいこと・やるべきことで埋まっている人には分からないことなんですけど、世の中には入院したい人、というのがいます。

心配だから入院させてほしい、ということなんですね。

 

もちろん入院治療の必要があればしっかりお伝えするのですが、全然入院する必要が無くても、家に一人でいるより病院の方が良い、という私生活の人は多いのです。そして事あるごとに入院させてくれ、と言ってきます。これはもしかしたら刑務所の方が生活レベルが高いから軽犯罪を犯す人と似通った部分があるのかもしれません。

いちいち説得するのも大変なので、ベッドが空いている時には入院させている現実はあります。これは僕の話ではなくて、一般的に現在でも行われていることです。

 

 

それは別に怠惰だとかそういう意味ではなくて、傍目に見て分かる辛い現実です。

例えば超高齢の親を高齢の子供が介護しており、調子が悪くなって手がかかるようになると、家で見るのが大変だから自宅療養よりは入院の方が嬉しいということです。

 

昔は医者まかせで良かった

 

この本で言っている内容ですけど、明治時代なんかは多くの人が肺炎なんかの感染症で亡くなっており、平均寿命も60歳代とかだったので、抗菌薬で1週間位バシッと治療すれば治ってしまうものだったんですよね。

でも現代の主な死因はがんや生活習慣病がベースになっており、平均寿命も80歳を超えて来ています。1週間バシっと治療すれば治る、という話ではないので、より患者さん自身やその家族がが「自分の人生をどう生きて、どう死ぬか」を覚悟を持って考えていく必要がある、と森田さんは書かれています。

 

一度上がった生活レベルは落とせない

 

森田さんの書かれている「病床の多い県の県民は少ない県の県民の2倍も医療費がかかる。病人は病院がつくる。」

という主張ですが、これは一度生活レベルが上がると戻せなくなるのと同じなのかなと思います。結局人はあるものは全部使い切ろうとするんでしょうね。

 

森田さんと僕の考え方のちがい

 

森田さんは人工呼吸器を付けたり鼻からチューブで栄養を入れられて、殺風景な病室で認知症のまま誰もお見舞いにも来てくれず、ただ生きているだけのような高齢患者さんを大量に見て、医者を辞めようと思ったそうです。

この点は僕とほとんど同じです。このような医療に与することが、未来の社会に対する悪徳なのではないかと疑問に思って一旦立ち止まってみようと僕も思ったわけです。

 

ただその先が僕と森田さんの違いです。

森田さんは夕張での生活から、地域コミュニティをもっと強固にして、ご近所さんで支え合う頼り頼られる生活・家で看取る終末期医療によって問題解決を見出そうとしている、と僕は読み取りました。

 

僕はこれからの時代、地域コミュニティでなんとかなるもんじゃないでしょ、と考えています。

一人暮らし世帯が増え続けている現在では、親の介護を子供がしたり、お隣さんと仲良く協力していくなんて無理じゃないかな、と都心に住んでいて思います。

それから在宅診療も維持できなくなると考えています。

在宅診療は今たくさんの熱意と誠意あるドクターが頑張って支えている現状ですが、ゴミ屋敷に住んでいる独居高齢者なども多く施設で看取った方が良さそうだと思っています。その確信というのが、施設入所を嫌がっていた高齢者も、施設に入ってみるとけっこう満足そうにしている現状をたくさん見たことです。何より介護者の負担が劇的に減ります。特に老老介護の世帯では、殺伐とした親子関係が垣間見えて、嫌な気持ちになったことも多いです。

医師が片道30分くらいかけて、家を回るのもとても効率が悪いと思います。

人口減少社会では、ゆるやかな撤退戦略として、コンパクトシティへの集中が必要ではないか、と僕は考えています。

高知旅行記〜海の上の絶景カフェ SEA HOUSE

こんばんは、ユキジゾウです。

この前所用でちょっと高知県を訪問してきました。

その時すごいインスタ映えしそうなカフェがあると聞いて行ってきてしまいました。

 

高知県安芸郡というところにあるSEA HOUSEというレストランです。

高知空港から車で40分くらいかかるので、レンタカーを借りないといけません。

 

着くとこんな感じで綺麗な海と砂浜がお出迎えしてくれます。

f:id:yukijizo:20180709002706j:plain

 

 

店内から外を見るとこんな感じで、水平線ビューです。

店内は2階建てで、どちらからでも海が綺麗に見えるので、ハズレ席はあまりありませんよ!!

そしてこんなカフェが湘南・鎌倉あたりにあったら連日大行列だと思いますが、さすが高知、休日にもかかわらずすんなり入れました〜!!

 

f:id:yukijizo:20180709002701j:plain

 

とりあえずインスタ映えするように、パンケーキなるものを注文してみました。

 

f:id:yukijizo:20180709002655j:plain

 

僕パンケーキってあまり好きじゃないんですよ。

billsとかEggs’n Thingsとか有名店にも行きましたけど、どれも甘すぎるしくどい。

量が多すぎて食べきれない。

炭水化物に炭水化物まぶしてるようなものなのに1500円とかするじゃないですか・・・。

 

でもここのパンケーキは普通に美味しくてぺろりと食べてしまいました!

甘すぎず、食べ心地がなんだか軽くて、スッキリしてたんですよね。

しかもたしか780円くらいだったと思います。

さすが高知price!トウキョウなら倍の値段したと思います。

 

 

ということで、こんな絶景おしゃれカフェを見つけてしまったので、高知県に訪問する機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

そして良かったら僕のインスタもフォローしてみてください(笑)